音楽教室は、ピアノやギターを学べる

音楽教室は、ピアノやギターを学べる

情報

新しいニュース

2014/03/04
絶対音感を更新しました
2014/03/04
ギターを更新しました

新しい記事

音楽教室

ピアノ、エレクトーン、ギター等の楽器初心者が、講師と呼ばれる人物に楽器を教えてもらう施設がある。
こういった施設は音楽教室と呼ばれており、音楽教室は全国に存在している。
音楽教室は幼少期の子どもから大人までと、幅広い年代が楽器を習う事が出来る。

楽器を演奏すると、大きな音が発生してしまう。
自宅で楽器を演奏すると、騒音といわれ住居トラブルを引き起こす可能性がある。
したがって、自宅で演奏をする際はヘッドフォンやミュート(消音)機器を使用して、音が出ないように工夫をしなければならない。

音楽教室では、防音設備が充実している。
その為、大きな音量で楽器を演奏しても外部に音が漏れる事がない。
したがって、騒音などのトラブルが発生する事無く楽器を練習する事ができるのである。

子ども

kodomo

音楽教室は、1歳時から教室に入る事ができる。
1歳の場合は、子どもと保護者が共に音楽を楽しむ事が目的としている。
そして、幼少時から音に触れる事で、将来の感受性を高める事が可能である。
また、複数人の子どもや大人と触れ合う事で、簡単な動作や言葉を覚え始める。
その結果、子どもの公道の中にも社会性が芽生え始めるのである。

2歳では、身体全体で音楽のリズムを感じる。
全身を使う事により、脳の発達に良い影響を与える事が可能である。

3歳から、テンポやリズム等の音楽の表情を聴き取り始める。
そして、音楽を表現する力を身につけるのである。
また、ドレミで歌を歌う事により、音感の素地育てる効果がある。

4歳・5歳になると、音楽を聞く、歌を歌う、楽器を弾く、楽譜を読むという勉強を行い、音楽に大切な部分をバランスよく学んでいく。
この時期に沢山の音楽を聞いて歌う事により、音感や演奏表現力が育つのである。

子どもの頃は、大人の言葉を何度も聞いて言葉を覚える。
子どもの頃から音楽教室に通うと、言葉を覚える事と同様に音感等を覚えるのである。

楽器

gakki

音楽教室で、一般的に学ぶ楽器はピアノである。
しかし、教室ではそれ以外の様々な楽器を学ぶ事も可能である。

教室では、管楽器を学ぶ事もできる。
管楽器は、サックス、フルート、トランペット、クラリネット、トロンボーン、オカリナ等である。

教室では、様々な弦楽器を学ぶ事も可能である。
弦楽器は、ギター、ベース、ウッドベースを選択する事ができる。
また、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスなども学ぶ事が可能である。

さらに、ドラムやパーカッション等の打楽器や、三味線や尺八といった和楽器を学ぶ事もできる。


オススメリンク

板橋の音楽教室はここに行きましょう!;本蓮沼音楽教室

お気に入り

zettaionkan

絶対音感

guiter

ギター